仮性包茎とは

仮性包茎は、亀頭の一部が包皮に覆われているか、全部が覆われており、勃起時には亀頭部分を露出させることができるタイプの包茎を指します。
勃起時にはスムーズに亀頭が露出し、痛みや締め付けを伴うことはありません。

仮性包茎は男女の性交に機能的な問題はありませんが、亀頭部分が普段は露出されていないため、ちょっとの刺激に敏感になってしまいます。
それが早漏の原因になるともされています。
これは手術によって改善することがわかっているため、悩みの重症度が高ければ、包茎手術を勧められるでしょう。

仮性包茎は勃起時以外は包皮が亀頭を覆っています。
それが原因でカスが貯まりやすく、悪臭の原因になることもわかっています。
不衛生になりやすいので、亀頭に痒みが出たり、性病にかかりやすいというデメリットもあります。

仮性包茎は性行為には影響がありませんが、コンプレックスを抱いたり、早漏への悩みが大きくなるなど、デメリットに感じることも少なくありません。
日本人の7割が包茎と言われているため、珍しい状態ではありませんが、包茎を治療することで悩みの解決が促され、自分に自信を持つこともできるはず。
前向きに考えるのであれば、包茎というデメリットを解消することも考えてみるべきではないでしょうか。